2006年01月07日

アクセス数と成果との相関関係<第1回>

 先月の事ですが、あるASPの管理画面を見ていると、あるプログラムで多く(多いといっても10件です)の成果が出ている事に気付きました。

で、調べてみると、メインサイトからリンクしただけで何ヶ月も放置していた1ページから全て(10件)の成果が出ていたのです。

そして、その原因もすぐに分かりました。ある2つのキーワードによる検索順位が20位まで上昇していたのです。ちなみに、1月6日時点では4位です。


さて、本題ですが、そのページのユニークアクセス数は、

「17(10月)→53(11月)→169(12月)

成果の方は、

「0件(10月)→1件(11月)→10件(12月)


今回感じたのは、1日5程度のアクセスでも1000円以上の成果は出るのです。アクセス数よりもページの中味の方が重要なんだなと。


あるASPの12月分の成果の半分超を、その1ページだけで成果を出したのです。



 12月末と1月に、そのページを2回手直しをしました。数ヶ月放置し、いつのまにか検索順位が上がっていたページが、今後どうなるのか興味深いです。

12月末の手直しは、効果を上げたようですが・・・

人気blogランキングに参加してます

posted by yoshi at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイト自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですねー。中身が悪いといくらアクセス数を上げても成果はあがりませんからね。
如何に最初に作りこむかは私も大切だと思います^^
Posted by b-japan at 2006年02月04日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック