2006年01月10日

楽天アフィリエイトの承認率が低い理由

 楽天アフィリエイトの承認率は、概ね低く、私の場合の承認率(2005年金額ベース)は、72%でした。


 28%は成果確定時に破棄されることになりました。

 破棄されるものの中には、実際に商品がキャンセルされたり、代金の支払が完了しないものもあるでしょうが、それらは、例外(高額商品のキャンセル、滅茶苦茶運が悪いなど)を除けばおそらく多くても数パーセントなのではないでしょうか?

 では、なぜ、それ以上の成果が破棄されてしまうのか?それは、 楽天市場 のアフィリエイトには、 楽天アフィリエイト の他に、「A8.net 」「バリューコマース」「 TG−アフィリエイトプログラム 」経由のアフィリエイトが存在するからです。そして、それぞれがクッキーを発行してるのです。

 つまり、Aさん1回の楽天市場での買い物による成果が、最大4人のアフィリエイター(4箇所)に一旦仮計上される可能性が有るということです。しかし、最終的に成果が確定するのは、一人だけです。(実例

破棄率が高い理由は、他にも有るかもしれませんが、多くは、これが原因なのでしょう。


 さて、もう一つ、楽天アフィリエイトよりも、ASP経由のアフィリエイトの破棄率が異常に高い問題は、クッキーが上書きされる確率が高いか低いかによる違いによるものだと思われます。つまり、楽天アフィリエイトはクッキーが上書きされやすく、ASP経由は上書きされにくいと思われます。
やはり、ASP経由アフィリエイトより楽天アフィリエイト(直)を使っているサイトの方が圧倒的に多いと思われます。

その他に、ASP経由のクッキーよりも、楽天アフィリエイト(直)のクッキーが優先されると書いてあるブログも有るので、これも原因なのでしょうか??楽天直営のクッキーが優先されると上記理論は一部破綻します(笑)
もっとも、優先されるにしても、無条件に優先される場合と、時間(24時間以内)など条件がある場合が考えられます。


<例>Aさんのお買い物

Bさんサイト(楽天)でクリック→Cさん(楽天)でクリック→Dさん(A8)でクリック→Eさん(楽天)でクリック→Fさん(TG)でクリック→Gさん(バリュー)でクリック→→Hさん(楽天)でクリック→楽天市場で購入

Bさん・Cさん・Eさん 計上されず
Dさん・Fさん・Gさん 計上されるが破棄される
Hさん 計上され確定する

<まとめ>
 私は、楽天アフィリエイト(直)をここ以外では全て利用してるので、直営のクッキーが優先されるのは大いに歓迎するのですが、スッキリしたいので実際どうなのか知りたいですね。


破棄の内訳として以下の様なものが有るようです

・商品のキャンセル
・楽天フリマやスーパーオークションで入札したが、最終的に落札出来なかった場合
・クッキーの競合で承認されない場合



この問題を調べようと色々なブログを見たのですが、破棄=キャンセルだと誤解されてる方が多いですね。



(参考)
アフィリエイトの承認率が低い(キャンセル率が高い)理由
アフィリエイト・クッキーの優先順位について
楽天アフィリエイトの破棄が多い理由

posted by yoshi at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック